トイレ

水道管の工事トラブル③トイレの水が出ない!

昨日から家の水道管交換の工事をやっていて。
業者さんから、水道は仮のものになりますと聞いていたのですが、お湯が出ないなんて全然聞いていなくて。
昨晩は鍋でお湯をせっせと沸かしてぬるーいお風呂に入って寒い思いをしました。

この業者さん、説明と対応がイマイチで…。

断水の時に錆でトイレの水道管が詰まってしまったみたいで。
それからトイレの水は自力でいれている状態です。

断水のお知らせなんて一言も無かったのに。
トイレの水が出なくなる可能性があるなら、そうと最初から言ってくれればよいのに。

トイレ

水道管のつまりの修理は室内の工事の時に・・・なんて言われてしまったのですが、前もって直してくれればよかったのに。

ホント、腹が立つことばかり。
不信の塊ですよ。

だから、今朝さっそく現場監督のおじさん見つけ出しクレーム。

「お湯が出ないなんて一言も聞いていないんですけど!
何で言ってくれなかったんですか!?」

って淡々と文句。

こういう時は感情的に怒鳴るのは間違い。
冷静に言う方が効果的。

でも、おじさんイマイチな反応だったので、

「今日絶対お湯でるようにしてくださいね。
治ってなかったら連絡するので電話番号教えてください。
夜中でも電話しますからね」

といって、おじさんの電話番号ゲット。

そのおかげか、家に帰ってきたらすっかり直っていました。
お湯も出るし、水もでるし、トイレの水も出ます。
蛇口もピカピカなものに変わっていたし、お風呂のシャワーも新しくなっているし。
よかった。

それにしてもお湯が出るって素晴らしいことですね。
改めて思っちゃいました。